読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【模型】セモベンテ - OVA・アンツィオ高校仕様(2)【ガルパン】

☆3月20日☆

3月14日に続いて、1/35『ガルパンアンツィオ高校仕様M41セモベンテ、

その組み立て2回目です。

旧キット(No.78)の取説の順番に従って、次に履帯部分を組むのですが。

これは旧キットに入っているベルト式履帯がチープすぎるので、新キット

(No.294)にある連結式履帯を使用します。

履帯上部(X25に起動輪につけるX7を接着して、前から後ろに繋いでいく)

から履帯下部(接地面)につなげていく方法で組み立てました。連結式履帯

を使用する場合は、起動輪のみ新キットのものを使用した方が合うのかも?

と、作ってからの反省です(自分は、旧キットの起動輪をそのまま使用)。

アンツィオ仕様にするためのパーツの自作・修正以外の、キットの素組みで

一番の難しい箇所が、この連結式履帯の組み立てながらの接着だと思います。

自分の場合は、1つのパーツが接着すると次のパーツを接着していくという、

時間の掛かるやり方で仕上げたのですが、こればかりは「慣れ」でしょうか。

そして、車体下部を乾燥している間に、車体上部の構造物(戦闘室)とかを

組んでいったのですが、写真にもあるように色が明るいイエロー系の部品が

新キットのものなので、旧キットをベースに、ディテールが良い新キットの

部品を接着していく感じです。

で、戦闘室には、アンツィオ仕様では屋根の上に機関銃はついていないので、

その部分をパテやシアノンで埋める(その後、ヤスリで整える)こととかが

必要になります。

車体上部を作り始める時には、『アハパン2』やOVAアンツィオ戦』の円盤、

もしくは、先行モデラーさんの作例ページを開いて、作例やデータなどを参考

にして作る必要があると思います(セモベンテのサイズが小さいので、完全に

パーツを自作するのは難しいかも……とも思っています)。