読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

席巻するディープインパクト

サトノダイヤモンド、ファンディーナの圧勝劇を見て思う。ディープインパクトは末恐ろしいよ。父であるサンデーサイレンスを凌駕すべく次々と活躍する産駒を送り込んでいる。まさしく席巻すると素直に思う。武豊の全G1制覇の最大のライバルは案外ディープインパクトではないだろうか。今週はスプリントのG1高松宮記念ミッキーアイルの電撃引退から、ビッグアーサーダンスディレクターの戦線離脱。混沌とする短距離界だからこそディープインパクトの一撃が必要である。

高松宮記念G1(中京芝1200メートル)予想

フィエロ

短評「見限れない逸材」

レッツゴードンキ

短評「騎乗共々復活」

レッドファルクス

短評「神騎乗ミルコ・デムーロ

☆セイウンコウセイ

短評「新星期待」

シュウジ

短評「不気味だ」

◎は古豪フィエロに期待。唯一のディープインパクト産駒であり、重賞未勝利が不思議なくらいな逸材である。G1舞台に強い藤原厩舎も怖く騎乗する内田博幸も一時の低迷から脱却した感もある。見限れない逸材フィエロが父であるディープインパクト高松宮記念制覇をプレゼントする。対抗は長い低迷から完全復活をとげたキングカメハメハ産駒のレッツゴードンキ岩田康誠のコンビに期待する。ファンディーナなどお手馬も強力な馬が揃いここもロードカナロアを思い出させてくれる騎乗を期待したい。

三番手のレッドファルクスは馬もこの舞台が得意だが騎乗するミルコ・デムーロがとにかく怖い。