読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台湾旅行、3月14日〜16日の二泊三日、1日目

生まれて初めて海外旅行に行ってきました!

また若かった頃(?)、「日本から出ない」とか「海外行かないから英語勉強もしない」だとか

色々言ってましたすみませんm()m

国内旅行をするうち、海外ってどんな所なんだろう・・・?と思うようになり

次第に行ってみたいという気持ちが抑えきれず

・・・1月末にパスポートを取得してきました。

それよりもツアーに申し込んだほうが先だったんですけどもw

職場の海外好きな方々から色々とお話を聞きつつ、初心者向きな台湾へと行く事にしました。

台湾なら身振り手振りと簡単な英語で行けるし、町並みも日本に似ているよーとの事でしたが

万全な体制で臨む為、職場からバックパッカー経験のある人(K氏)をサポート(同行)に

いつもの国内旅行で一緒の職場のM氏と3人で台湾へ。

De○Aトラベルってところで

二泊三日で三人一部屋朝食付き、2日目が自由行動、往復の飛行機で機内食が付いて

さらに空港とホテルを送迎付き、空港でWiFiを借りても一人3万1000円未満という格安!

H・○・Sの方だと、ドミトリータイプで3万ちょっと切るくらいで機内食なしで送迎は別料金だった。

1ヶ月半の間準備を整え、期待やら不安やらが入り混じりつつ・・・3月14日を迎える。

成田空港から14:00の便、2時間前には空港へ的な内容がプランには書いてあったが

電車やバスの遅延があったら怖いので、少し早めに出ました。

10:00発、成田空港行き

東京駅八重洲口からJRバスを前もって予約しておきました。

当日券もありますが、平日だったのに座席埋まったのでちゃんと予約しておいて良かったです。

道も混んでなくて、予定通り到着。

まだ二人が着てないので、その間に念のため保険組んだり、空港内をふらふらしてました。

お腹もすいてるしコーヒー飲んだりして誤魔化そうと思ったところで2人と集合。

チェックインを済まして、さっさと手荷物の審査と出国審査を済ませました。

(手荷物のところベルトもダメなんだ・・・外すのめんどかったので次回つけなくていいかも)

待ち時間で乗る飛行機をパシャリ。

乗るのはエヴァー航空の飛行機です。

飛行機も北海道に2度行った時に乗った程度なので、ドキドキワクワクです

飛行機は定刻どおり出発

座席指定してなかったけど、チェックイン時に調整してくれました。

次回からはここちゃんとしないとなぁ・・・。

離陸してから1時間たったか?くらい。順番に機内食が配られる。

鶏肉か魚か?飲み物は何にするか?

自分は鶏肉、オレンジジュースを

メインがご飯に塩茹でした野菜、あと鶏肉とニラ?のような中華風な?八角?が効いた味付けの炒めもの

ご飯の右隣がオレンジ?だと思う味のケーキ

その上が丸いパン、マグカップの中にあるのがバターで

左にあるのが大根とナスと肉の煮浸し?的なもの。

フルーツにカットされたリンゴとオレンジ

(オレンジジュースとオレンジケーキとカットオレンジでオレンジが被ってしまった)

味に関してはまぁまぁいける。炒め物も味が濃すぎず、塩茹で野菜でさっぱり出来るので飽きがこない。

食後にワインやらコーヒーやら持ってきてくれるので

パンを入れてるグラスや、バターが入ってるマグカップを使う。

ちなみに魚を選んだ隣のM氏の写真を撮らせてもらった。

鮭チャーハン!

実際食べてみたけど、鶏肉より当たりだと思う、すんげー美味い!

飛行機3時間があっという間に終わる。

入国審査前にあった台湾銀行で2万円を両替、5200元(1元=約3.9円くらい)

入国時にパスポートと飛行機内で配られたイミグレーションカードに記載したものを提出

両手の人差し指指紋と目?を撮られて無事入国!

受託荷物を受け取って空港内のカウンターで悠遊カード:悠遊(日本でいうSuica)を100元で購入し500元チャージ

ツアー客の集合、ずいぶん若い(大学生)人が多かった・・・春休み?

集合後はガイドの陳さんのおもしろーいお話を聞きつつ1時間程バスに揺られホテルへ。

ホテルは洛碁大飯店 林森(グリーンワールドイン リンセン)

ツアーの無料内でホテルの変更が出来たので評価が高いところを選びました

カウンターの人も日本語通じる

ホテルで一息ついた後、1日目の行動を確認。

現地時間で既に20時(日本時間:21時=時差1時間)を回っており、当初の予定通り動けないので

飯食ってホテル戻って酒飲もう!って事に。

マップ

ホテルから南に歩くと一番近い駅、MRTの中和新蘆線(Orange)の中山國小駅があります。

そこから一つ隣の駅に行って、淡水線に乗り換え、剣潭駅で降ります。

剣潭駅と士林駅の間に、大きい士林夜市があるので、そこへ向かいます。

(この日記オレンジばっかりだな・・・(´q`))

MRT=地下鉄は色分けで判別されているのでRedとかBlueとか、都内のと比べると分かりやすいかも。

國小は後から最終日に知りましたが小学校のようです。

ホテルの入り口にある喫煙所、漢字・・・読める・・・読めるぞ!?(´д`)

日本に似ているよ、と言われて確かに・・・

ファミマは見えるわ、何ならホテルの隣にセブンイレブンあるし・・。

と思う反面、やはり違うなぁ・・・。

バイク止めてても駐禁切られてないところとか、車が右側とか。

ホテルから駅まで5分程度、空港で買った悠遊カードを使います!ドキドキしました(´д`)

案内図、淡水線はRed、ただし車両が赤いわけじゃないみたいwシルバー車体に青いラインでしたw

剣潭駅で降りると、小さく士林夜市と駅掲示板がありますが

人の流れに乗ればいいですw↑こんな具合に連れて行ってくれますw(士林夜市の前交差点)

ちなみに悠遊カードですが、普段Suicaを使っていると違いが分かるというか、そこまで精度?が良くない?

前の人に引っ付きすぎると引っ掛かって出られません。

ちゃんと出たのを見計らってからスキャンしないとダメみたい、Suicaより2テンポくらい遅れる。

ただMRTの網は台湾市に集中して短い区間で乗り換えがたくさんあるイメージで便利なのと

悠遊カードを使うと交通費が安くなる、2泊3日で結構な回数使いましたが、100元(約400円)ほどしか使ってないです。

※この時のレートは1元=3.69とか3.7円くらいでしたが、日記中はめんどいので4円計算で表記します。

人が多いのでゆっくりでないと歩けないですが、お店じっくり見たい人はそれでも良いかも。

日本の夏祭りとかの屋台が年がら年中やってる感じ。

食べ物だけじゃなくて、遊ぶような屋台もあるし、お土産やら服やら何でもあった。

歩いていて・・・・ん?と思ったのは匂い・・・・。

美味しそうな香りの中に・・・・うっ!と思うような・・・・

そうです、アレです。あの匂い・・・・。(それは後ほど。

ふらふら歩くのは良いけど、何を食べたら良いか分からないので

地下の美食街へ行ってお店選べばいいかーって事に。

出来るだけ人が多そうな所が美味しいんじゃないか?ってなったので

人が多そうなお店のお姉さんに声かけられる形で席に座る。

メニューが現地語、英語、日本語ですよ・・・

このメニュー拡大するとわかるんですが、お勧めメニューには☆が付いてます

そうです、あの匂いのメニューも☆付いてます!隣のねーちゃんも美味しそうに食ってます!

そのメニューを二人が制止するが、私は強行手段で頼みましたw

待ち時間にごった返す地下美食街の通路w

隣のねーちゃんのテーブルにはアレがあります。

注文が届きました。

頼んだ飲み物、ウーロン茶

右側のは魯肉飯(ルーローハン)台湾式牛丼みたいなもんです。確か50元(200円)くらい

八角?ですかね、これ馴染めないと台湾の飯事情は結構飯辛いかもです。

続いて青菜炒め、これも50元くらい。にんにくで炒めていて、これは美味い!

八角苦手な人は薄めな料理、野菜だとか魚とかスープ系選んだほうが失敗しないかも。

そして次に来たのが例のアレ。

臭豆腐・・・もう文字のままですよ。

四角く揚げられたものが10数個乗ってて、このボリュームで40元(160円)ですよ?

揚げられた臭豆腐は初心者向けらしい・・・思ったほど匂いは感じられない、が、二人はしかめっ面。

煮たものは、もうとてつもない匂いでヤバイ!から自分も無理だろうと思って揚げたのにしたのに。

煮てるのは外露天を歩いていても、遠くから漂ってくるのがわかっちゃうの!

臭豆腐OKなのに納豆ダメな台湾人が殆どだと言う感じで、日本人はその逆パターン

wikiには匂い的には納豆の方が上らしいが、そもそも匂いのベクトルが違うと思う。

納豆は匂いのキツイ靴下のようだが、臭豆腐はアレなんですよ・・・。

とりあえず頼んだ自分が四角いの1つ食ってみる・・・・

かかっているタレは美味しい、白菜の漬物も平気だ。

この豆腐、周りは厚揚げみたいな・・・中がスッカスカな・・・なんだろう?

意外と?ふつ・・・・・うっ!

キタキタキタキター!鼻から抜ける下suiみたいな・・・だが耐えられない程じゃなく

噛めば噛むほど味が出る・・・?なんか匂いが直接味に変換されるというか。

なんて言ったら良いか分かりませんが麻痺した?

期待していたより酷くなく、食べられるということが分かった。

二人は何か口から出ちゃいそうな顔してる・・・。

その後一人で8つくらい食べたんだけど、結構量があって辛い、でも40元・・・うーん。

他料理が食べられなくなるくらいの量な気がする。3つ余った・・・。

臭豆腐の残りは隣に座ってきた日本人のおばちゃん3人組にあげて、美味しく食べて頂きました。

後から口直しで頼んだコーンチャーハン70元(280円)と牡蠣のオムレツ90元(360円)

チャーハン美味し!外れない!超癒し系

牡蠣オムレツは普通でしたな・・・・

表に出て、もうお腹一杯でしたが士林夜市名物を買ってないので

部屋飲み用のおつまみとして持ち帰ることにしました。

鶏排(ジーパイ)

有名店がどこかにあるようなんですが、分からなかったのでひとまず入り口近くのところで

フライドチキンを甘辛タレに浸して、さらに焼く

注文時にカットするか、唐辛子(スパイス)はつけるか?聞かれますが、辛いのは苦手なのでカットのみ。

ただし八角?みたいなのは大量につけられますwww

持ち帰る時にあらかじめ持っていったジップロックで閉まって持ち帰りました

(香りが強いのとMRTが飲食禁止なのでちょっと気になって、ちなみにMRTで飲食すると罰金があるそうです)

ホテル戻って部屋飲み開始

酒のみつつ甘辛のチキン食べる

美味しいけど骨付きだからカットされてさらに小さく取り辛い!

ちびちびしてたら現地時間で1時を回っていたので、次の日の予定を確認し

まぁ・・フリープランだし、遅く起きてもいいよねーってなり、就寝。

1日目おわり。